スタッフブログ

商品検索

カラーフィルムのメリットとは?幅広い種類があるカラーフィルムについて解説!

カラーフィルムのメリットとは?幅広い種類があるカラーフィルムについて解説!

スマホで写真を撮影される方がいる中で、フィルムカメラで撮影する人が最近増えてきています。しかし、フィルムにはたくさんの種類があり、購入するときに迷ってしまう方も少なくありません。今回はカラーフィルムで写真を撮影することのメリットと、カラーフィルムのフォーマットの種類について解説していきますので、カメラのことでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

デジタル写真にはないフィルム写真の魅力とは?

デジタルカメラでの撮影と比べると、フィルムカメラでの撮影は比較的不便な部分があるのは否定できません。しかしその不便さが、フィルムカメラの魅力につながる部分となるのです。ここからは、フィルム写真の魅力について解説していきます。

くっきりしすぎない

デジタルカメラで撮影した画像は、非常にくっきりと表現されます。一方フィルムで撮影された写真は少しぼんやりとしており、やわらかくて優しい雰囲気のある写真に仕上がります。

丁寧に撮影するようになる

フィルムはコストがかかり、1本24枚、あるいは36枚など撮影できる枚数にも限りがあります。シャッターを切ることに慎重になり、より丁寧な撮影ができるようになるでしょう。

撮影した写真を大事にする

デジタルカメラやスマホでは、データがいっぱいになるまで撮影することができます。おもむろに撮った写真に関しては、古いものだと削除することになってしまうでしょう。

一方、撮影枚数が限られているフィルム写真では、撮った写真1枚ずつに愛着が持てるようになります。時間が経っても処分することなく、大事に取っておこうと自然に思えるようになるでしょう。

撮影に集中できる

デジタルカメラは撮影してすぐにその写真を確認ができるため、確認に気を取られて肝心のシャッターチャンスを逃してしまうということが多々あります。一方、フィルムカメラでの撮影は現像するまで確認できないため、撮影時は撮影のみに集中できるようになります。

カラーフィルムの種類

カラーフィルムにはたくさんの種類がありますが、大きく分けると以下の2種類となります。

カラーネガフィルム

カラーネガフィルムは、フィルムの上に明暗が反転したネガ画像を写し、その後印画紙にプリントして画像として写真に再現するものです。撮影時に露出が多少合っていなくてもプリントするときにある程度調節が効くため、フィルム撮影の初心者であればカラーネガフィルムがおすすめとなります。価格は35mm36枚撮りで、1本600円〜1,000円ほどになっています。

カラーポジフィルム

カラーポジフィルムは明暗の反転しない画像を写すフィルムで、リバーサルフィルムやスライドフィルムとも呼ばれています。フィルムを現像した後はライトボックスやスライドビューアーで画像を確認できるほか、プロジェクターでスクリーンなどに投影することもできます。またネガフィルムのように、印画紙にプリントすることもできるのです。

ポジフィルムには昼間の太陽光と同じ色温度である、5500Kほどの明るさのときに撮影するためのデーライトタイプと、写真用白熱電球(3200Kほど)を使用する撮影をするための、タングステンタイプの2種類があります。

ポジフィルムはネガフィルムとは違い、露出が合っていないときれいな写真にはなりません。しかし、発色のよさから多くのプロの写真家はポジフィルムを使用して撮影します。価格は35mm36枚撮りで、1本1,500円から3,000円ほどになっています。

カラーフィルムのフォーマットの種類

フォーマットとは、主にサイズと形のことを指す言葉です。カラーフィルムのフォーマットにはいくつか種類がありますが、主なものは以下の3種類になります。

35mm

主流となっているのが、こちらの35mmです。遮光性の高い容器に収められていて、光のある場所でも取り扱えます。なお、135フィルムと呼ばれることもあり、1コマのサイズは、24mm×36mmです。

120フィルム

一般的に普及している35mmカメラではなく、中判カメラと呼ばれるカメラに対応するのがこちらの120フィルムです。中判・ミディアムフォーマット、ブローニーサイズともいわれています。

120フィルムは、遮光性の紙と一緒に巻かれています。1コマのサイズは6cm×4.5cm(16枚)・6cm×6cm(12枚)、6cm×9cm(8枚)となっており、使用するカメラによって変わるのです。

シートフィルム

シートフィルムは、大判フィルムとも呼ばれます。大人数での集合記念撮影などに使用する大判カメラと呼ばれるカメラに対応するフィルムで、撮影毎に1枚のフィルムを使います。

シートフィルムは剥き出しなので、撮影前に暗室でフィルムホルダーに入れておかなければなりません。シートフィルムのサイズの主なものは4×5インチ、8×10インチなどがあります。

まとめ

今回はカラーフィルムで写真を撮影することのメリットと、カラーフィルムのフォーマットの種類について解説しました。一口にカラーフィルムといっても、その種類やフォーマットによってその写真の仕上がりに差が出ます。まずは入門編として、35mmカメラとネガフィルムで撮影に慣れることをおすすめします。

カラーフィルムの購入の際は「ラボエイド」にご連絡ください。幅広い商品を取りそろえており、どれもリーズナブルな価格で提供しております。ご注文も随時受け付けておりますので、ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。